水温は上がってきましたが、透明度は…

秋の浜

気温 27℃  水温 20.5℃  透明度 10~15m  流れ なし うねり なし

朝の曇り空は嘘のように晴れてダイビング日和の一日となりました。

そろそろ陸上のドライスーツもつらくなってくる季節です。

一週間前は台風一号通過後の北東の風が強く吹く予報で心配していましたが、秋の浜は

とても穏やかになりました。

水温は上から下まで20℃前後快適です。

残念なのは透明度がかなり落ちてきています。

今日もお客さまをお迎えして秋の浜を2ダイブしました。

どこを泳いでいても頭上にイサキがいるのではないかと思うほどイサキが群れていますが

透明度が良くないので近いところしか見えずに残念です。

魚にとってはこういう透明度の方が餌が豊富で良いのかもしれませんが…

漁礁に付いているオオモンカエルアンコウは今日も三個体観察できました。

  

一番下以外は一見何を撮っているのかわからないですね。

先週末見つけたハナタツは同じような場所で見つかりました。

他にはニシキウミウシの幼体 イガグリウミウシ サクラダイ♀ アカシマシラヒゲエビ

アサヒハナゴイ フタイロハナゴイ ケラマハナダイ等が観察できました。

水温が上がってくるのは嬉しいことですが、透明度が落ちてくるのは嫌ですね。

まあこの時期は特に両方を望むことは難しいのですが…